離島の看護師

看護師の中には、離島で働いている看護師もいます。本土との違いはあるのでしょうか。
本土と比べると、給与は低くなります。しかし、本土に比べて救急の患者が少ないため、夜勤の時もバタバタした忙しさはありません。忙しくて休暇がとれないということも、ほとんどないようです。医師や看護師の数が少ないので、幅広い医療技術と医療の技術知識が求められます。本土のように、診療科ごとに配属されてその科だけで働くというシステムではないところもあります。離島の看護師は、全部の診療科を受け持つ場合もあるのです。また、患者だけでなく、島民全体と関わることが必要になる場合もあります。島民の数が少なければ少ない程、関わりは深くなります。
ゆとりを持って看護を行いたい方・定期的にしっかり休暇を取りたい方・幅広い診療科で働きたい方・患者一人一人としっかりコミュニケーションを取りたい方にとって、離島での仕事は最適です。休日には気軽に遠出をしたいという方・専門性を高めたい方・最新の医療や看護に携わりたい方・高給を望みたい方には、あまりおすすめできません。
また、離島の看護師も、本土の看護師と同じく人の命に関わる仕事です。緊張感やストレスが大きい分、休日にはしっかり発散することが必要になってきます。本土には、ストレスを発散できる場所や方法がたくさんありますが、離島で働く看護師はどのようにしてストレスを発散しているのでしょうか。
その一つとして、ネットでの買い物が挙げられます。ネットが普及して便利な世の中になった今、離島の看護師にとって通販は欠かせないようです。買い物がストレス発散法という方は多いと思いますが、看護師にもそういう方はたくさんいます。ネットでの買い物は、離島で働く看護師にとって大切なストレス発散法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>