短時間でできるリラックス法

看護師は患者の命を預かる大変ストレスの高い仕事。できるだけストレスをため込まないようにすることが肝心です。倒れるまで働き、我慢しすぎるともえつき症候群やうつ病の危険もあります。ワークライフバランスを見直して「疲れをため込まない働き方」にスイッチすることも大切です。
そのために、自分に合ったリフレッシュ法を見つけましょう。看護師は集中力が勝負ですから、ずっと緊張しっぱなしにならないよう「すっきりさせる」ということも大切です。リフレッシュすることができると、気持ちをきちんと切り替えて深く集中することができます。
代表的なリフレッシュ方として、運動・スポーツ・エステ・旅行・食事・買い物などが挙げられます。買い物ですが、お店に行くよりも安くて品数も種類も豊富ということから、最近は通信販売でリフレッシュする人も多いようです。勤務時間が不規則な看護師にとって、通信販売というのは大変便利だと思います。
プロ野球選手も大変ストレスの高い仕事です。たった一度の打球が人生を左右しますから相当なプレッシャーがかかります。アメリカの選手は打席に入る前にルーティーンを行います。多い人で10個以上の「決まった動作」を「決められた順」にこなしてから打席に立ちます。儀式を通して自分の深い集中力をくみ出すためのスイッチを入れるということでしょう。
看護師さんもどうしてもつらい出来事に合うことがあります。患者さんの死、同僚とのいざこざ、プライベートのこと。女性社会ですから人間関係もこじれるととても深刻になってしまいます。これらの悩みやつらさを一度『リセット』する方法を自分で編み出すということも、つらさや迷いを乗り越えて高い集中力を生み出す秘訣かもしれません。
深く集中できると「いつの間にか時間がたっていた」「いつもより疲れが少ない」と感じます。一方、ミスが多く周りから叱責されてしまうと疲労感や罪悪感も背負いますから疲れが倍増してしまいます。リフレッシュするということは、疲れをため込みすぎないようにするためのストッパーにもなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>